読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小池百合子東京知事に目で斬られてきた

そのオープニングセレモニーに小池百合子東京都知事、高野之夫豊島区長もコスプレで現れると聞いて早速取材に行ってみた。

都市型感染症という恐怖

海外に出かけた際にはその地域固有の感染症に気をつけなければならない。  特に注意が必要なのが東南アジアや中南米で見られるデング熱だ。蚊が媒介してヒトからヒトに感染する都市型の熱帯感染症である。 「デング熱にはウイルスの型が複数あり、1度目に感染した時は重症にならないが、別の型にもう1度感染すると重症化する。有効なワクチンはいまだに開発されていない」(長谷川氏)  ウイルスに感染すると発熱、頭痛、腹痛を引き起こし、腹部から出た発疹が全身に広がる。1週間程度で消失して回復するケースが多いが、発熱が終わり平熱に戻りかけた時に突然、体内のあちこちで出血などが起こることがある。このように重症化した時の致死率は15%と高い。  同じく蚊が媒介する感染症に、毎年夏から秋にかけてアメリカなどで猛威を振るうウエストナイル熱がある。これは鳥が保有するウイルスを蚊が媒介して感染・発症するもので、デング熱と同じような症状が現われる。CDC(アメリカ疾病予防管理センター)によると、12年には全米で5674名の患者が報告されており、そのうち286名が死亡している(致死率5%)。