読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小池百合子東京知事に目で斬られてきた

そのオープニングセレモニーに小池百合子東京都知事、高野之夫豊島区長もコスプレで現れると聞いて早速取材に行ってみた。

ビラノバが病気治療に専念

そうは言っても、ティト・ビラノバが病気治療に専念するため続投できなかったという事実が、いまだにクラブ全体に重くのしかかっている。アドリアーノは「ティトがいないのは変な気がする」と話し、マルティノの就任が決まるまで、イニエスタは「ティトがきっと戻ってくると信じている」と発言するなど、選手はビラノバ前監督の影を引きずっていた。  だが、メッシが「ティトのことはみんなが気の毒だと思っているし、つらいことだが、僕らは強くなければならない」と話したように、このつらさはどこかで断ち切らなければならない。  その点、目指すサッカーの方向性やスタイルが似ていて、欧州での指揮経験がないため、ほかの欧州クラブの色がついていないマルティノは、バルサにとって現時点で最善の選択かもしれない。  また、今回の就任記者会見で、マルティノを紹介するビデオが流れた時に使われていた曲が印象的だった。  10年前にメキシコで流行った『Andar conmigo』(私と共に歩んで)という曲で、「あなたに話したいことがたくさんある。知りたいことがたくさんある」というフレーズから始まるこの曲は、運命に導かれた出会いを描いており、一緒に歩いていくことで、少しずつお互いを知っていけるという内容だ。そしてこの歌は、「私と一緒に歩いていきたいと言って」という意味の言葉で終わる。  現実は、歌のように美しく進むかどうかはわからない。