読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小池百合子東京知事に目で斬られてきた

そのオープニングセレモニーに小池百合子東京都知事、高野之夫豊島区長もコスプレで現れると聞いて早速取材に行ってみた。

アーセナルに惜敗

 結果は1−2。45年ぶりの来日を果たしたアーセナルに、浦和は敗れた。だが、世界的なビッグクラブと対峙したことで、自分たちの通用する部分と、足りない部分を感じることができた試合だったのではないだろうか。  アーセン・ベンゲル監督が「テスト」と位置づけ、リザーブチームに所属する20歳のDFイグナシ・ミケルや、18歳のMFサージ・ナブリーをスタメンに起用した浦和戦。あくまで親善試合。さらに長い移動を伴った上の連戦であり、アーセナルがどこまで本気だったかはわからない。しかし、ベンゲル監督はレギュラークラスの多くを投入してきた。そんなトップレベルを肌で感じられる環境において、浦和のサッカーが通用したと感じさせる部分は、確かにあった。  特に浦和らしさが出たのは、前半10分のプレイ。阿部勇樹がドリブルで持ち運んで左サイドにパスを送ると、梅崎司がさらにドリブルで運んで前線にくさびのパス。これを興梠慎三が収めると、追い越す動きを見せた山田直輝とのワンツーからマルシオ・リシャルデスへ。そして、マルシオ・リシャルデスが右サイドのオープンスペースに走り込む宇賀神友弥へパスを送ると、宇賀神はスピードを緩めずにワンタッチで低いクロスをニアサイドに入れ、山田直がGKとDFの間に走り込む----。  結果としてゴールに結びつかなかったものの、美しいパスサッカーを標榜(ひょうぼう)するアーセナルに引けを取らない、浦和の持ち味が存分に出たプレイであり、同時に自分たちの良さを出せばトップレベルの相手でも崩せるということを示した瞬間だった。