読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小池百合子東京知事に目で斬られてきた

そのオープニングセレモニーに小池百合子東京都知事、高野之夫豊島区長もコスプレで現れると聞いて早速取材に行ってみた。

ミハイロ・ペトロヴィッチ監督

試合後、ミハイロ・ペトロヴィッチ監督は「自分たちのサッカーをチャレンジしたし、アーセナル相手に我々の良い部分を出せたと思う」と述べ、長いリハビリ生活を経て事実上の復帰戦となった山田直は「勝てない試合ではなかった」と表現した。  しかし、結果どおりの差があったことも事実。まずは、「ひとりひとりのスピードだったり、体の強さ」(小島秀仁)や、「止める、蹴る、の質」(坪井慶介)という、基礎的なフィジカルや技術の問題だ。それは生まれ持った能力であったり、あるいは「ゴールデンエイジ」と言われる9歳〜12歳の育成の段階で決まってしまうものかもしれない。ただ、年齢にかかわらず、成長はできる。それは昨季、新たなサッカーに取り組んだ浦和の中で、坪井や鈴木啓太といったベテランがなおも成長したことで実証している。基礎技術の向上を図ることは、世界との差を縮めるために必ず必要なことだ。  また同時に、坪井が世界との違いとして挙げたのが、「判断の早さ」だった。奇しくもこれは、ベンゲル監督がかつて日本サッカーの課題として挙げていた要素でもあった。アーセナルの攻撃は速い。それは基礎技術が高いのはもちろんのこと、仕掛けるなら仕掛ける、パスを出すならパスを出す、走るなら走る......、迷いがなく、かつ正しい判断ができているからだ。一方、東アジアカップ原口元気槙野智章森脇良太を欠く浦和は、慣れないメンバーでオートマティズムを欠いていた背景はあったものの、やはりボールを受けてから次のプレイを考えているようなシーンが少なくなかった。