読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小池百合子東京知事に目で斬られてきた

そのオープニングセレモニーに小池百合子東京都知事、高野之夫豊島区長もコスプレで現れると聞いて早速取材に行ってみた。

脱法ハーブについて

1) 含有成分特定までの経緯
2004年頃より、欧州を中心に「Spice」 という名称の乾燥した植物片が芳香剤やお香として販売され、喫煙することで大麻様作用が現れると噂になり人気を博した。しかし「Spice」からは大麻成分は検出されず含有成分が不明であった。 その後2008~2009年にかけて「Spice」から、大麻と類似の作用を示す合成カンナビノイド類(通称JWH-018およびCP-47、497など)が検出され、人工的に合成された薬物が添加されていることが明らかになった 2) 。
2) 合成カンナビノイド類について
合成カンナビノイド類はいずれも、大麻の幻覚成分であるΔ 9 -tetrahydrocannabinol(THCと略す)と同じく、 カンナビノイド受容体のアゴニストである。カンナビノイド受容体(CB1受容体)は脳内のシナプス前終末に局在し、シナプス後部のニューロンで産生される内因性のカンナビノイドによって逆行性に活性化され、神経伝達物質の放出を短期あるいは長期に抑制させる。THCがこの機能を撹乱するこ とで、幻覚、高揚感、不安の軽減、鎮痛、運動障害などのさまざまな精神神経作用を引き起こす 3) 。合成カンナビノイド類(通称JWH-018およびCP47、497)のCB1受容体に対する結合親和性はTHCと比較し、約4~15倍強い親和性をもつことが推定され、極微量で大麻様効果が発現するとされている 4)5) 。

1940年代以降、医薬品としてTHCの活性を上回る数多くの合成カンナビノイドの文献報告があったが、それらは原料の調達や合成が容易ではなく、乱用薬物市場に登場することはなかった。しかし、通称JWH-018などのナフトイルインドール誘導体の合成カンナビノイド類は原料の調達や合成が比較的容易で、かつ数多くの誘導体が合成可能であるため、市場に出回ったものと推察される 6) 。

実際、 「Spice」に添加されていたJWH-018が法律で規制されると、すぐに未規制の誘導体JWH-073に置き換わった商品が市場に出回るなど、構造をわずかに変えることで法律による規制をかいくぐる、いわゆる脱法化が繰り返されている 2) 。